<社員のホンネ>実はやってみたいこと


今回はTシャツとは関係なく、現場で働く社員さんのお話です。オリジナルTシャツを作る社員さんの胸の内をこっそり聞き出してみました。

実はやってみたいことがある!
今回お話を聞かせてくださったのは社員の一人、Tさん。Tさんはおよそ七年にわたってオズライズで印刷に携わるベテランの技術者です。

もともと服飾に興味があり、オズライズに入社するまではアパレルショップの店員として働いていた過去を持ちます。服作りの専門学校に行きたかったものの断念、それでも服にかかわる仕事がしたいと思いオズで働くことに決めました。

仕事をするうえでのモチベーションはやっぱり現場で服作りにかかわれるという魅力が大きいそうです。近年では日々の積み重ねが功を奏し、オズプリの名前が徐々に広まってきたところだそう。最近では複数のアパレルブランドからの注文も増えてきて、直接洋服ブランドと仕事ができていることもうれしいそうですよ。

やってみたいことって?
お話を聞く中で、やってみたいことがあるというTさん。実は、「いつか会社の店舗でカフェを開きたい」という夢を持っているんだそう!壮大ですね!

でもお話を聞いていると、ただ好きなだけが理由ではないみたい。 Tさんによると、会社があるのは入り組んだ道の先なので、偶然ふらっと通りかかって店をのぞいていくことは極めて少ない。でも行ってみたいカフェなら、どんなに見つけにくい場所でも頑張って探して訪れる。カフェに来てTシャツに興味を持ってくれてもいいし、Tシャツを見に来てお茶して帰ってもいい。土日祝日など会社が休みの日には別のお店に貸し出してもいい。
おお!結構現実的なんじゃないですか!
田辺にはまだあまり詳しくない私なので、何気なくふらっと立ち寄れるようなカフェが欲しいと思っていたところです。それも会社にできるならうれしいです。 ぜひいつか実現させたいですね! Tさんには、ほかにもたくさんやりたいアイデアがあるそうです。また追って取材していきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です