こんにちは。
今年も残すところあと一か月と少し。
はやくも年末が迫っていますね。

さて、年末年始の風物詩ともいえる年賀状。
オズライズでは、年賀状の注文もお受けしております。

年賀状は、年に一度しかない大切なご挨拶の機会です。

デジタル化が進み手書き離れが進む時代だからこそ、年賀状が届くと、相手が自分のために手間ひまかけてくれたことが伝わるもの。

忙しい毎日の中で相手のことを想いながら丁寧に書くことで、なつかしいあの頃の記憶が思い出されたりと、自分にとっても得難い発見があるはずです。

どうしても枚数の多くなってしまう年賀状。すべて手書きすることは難しくても、最後にひとこと手書きのメッセージがあるだけでも、受け取った方はその気遣いに心温まるでしょう。

近況の報告にメールや手紙を出すほどではない間柄の人の場合にも年賀状での近況報告が向いています。

なかなか会えない友達に、普段お世話になっている特別な人たちに。


思い出に残るようなオリジナルな年賀状をプレゼントしてみてください。

<年賀状に添えたいひとことメッセージ例>


・近いうちにまた食事でも行きましょう
・幸せいっぱいの毎日を過ごせますように
・お身体をお大事にしてくださいね。
・いつもお心遣いをありがとうございます。
・旧年中のご縁に感謝いたします。
・旧年中は素敵なご縁をありがとうございました。
・今後とも末永くご活躍されますことをお祈り申し上げます。
・旧年中は何かとお心遣いをいただき、ありがとうございました。
・お互いにとってますますいい一年になりますように。

年賀状で注意したい言葉とは


縁起の悪い意味のある漢字・言葉は避ける必要があります。
意外と使ってしまいがちなのが、「去年」。

「去る」は新年のあいさつとしては避けたい表現。「去年」は「昨年」「旧年」などに言い換えると自然に使えます。

<避けたい言葉>



「終わる」「禍」「災い」「枯れる」「滅びる」「落ちる」「病む」「壊れる」「倒れる」「失う」「衰える」「離れる」「消える」「破れる」「切れる」など

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です